FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
来い!ジャストピント!k100DSuper debug mode(裏メニュー)
ジャスピンの画像を取りたい。が・・・俺には結構難しいんです。
暗い所だとフォーカスが迷うし、それではシャッターチャンスを逃す事も。
それでは、とマニュアルで操作しているものの、暗ければ見えないし視力も悪い。
フォーカスエイドに頼ってもいまいちピントが来ない。
IMGP6529.jpg

腕が無いのもあるけど、もうーちょっと微調整したい。

ところがK100DやK10Dではコマンドでデバッグモードが使えるものの、
いわゆる裏メニューとして話題になったものですね。
K100Dsuperではコマンドだけではデバッグモードに入れない様になっている。
K200DやK20Dでは表メニューにもあるフォーカスの設定がK100Dsだけ出来ないというのだ。グギギ!

で、調べたらパソコンがあれば出来る事が分かり
ここにまとめ情報として乗せてみる事にしました。
(結構前に2chにも書いたんだけど日本語の不自由気味な痛い書き込みだったためスルーされたw)

なお、これによりあなたのカメラがどうなろうと私は関知しません。
メーカ側も許可していない操作です。自己責任でお願いいたします。

デバッグモード切替ツールを落してくる。
ttp://dednev.pisem.net/setup_gx10_dmctrl_1.1.exe

インストールする。
魔法のコマンドは
penta-club.ru

このようなルォシア語のウインドウが出るが問題なく動く。
usbで愛器を接続したら
penta.jpg


1のボタンを押す。
2にティックを入れる。
3のボタンを押す
4exit

以上で完了だ!

電源を切り、
info とAE-Lボタンを押しながら電源を入れる。
3~5秒くらい以内に
menu menu info
を順に押す。
と、デバッグモードの画面に来れるはずだ!

俺の場合の一番の難関はusbケーブルを探す事だったw
だって普段は16GのSDHC(クラス6)におまけで付いていたUSBのメモリーカードリーダ
使ってるし。専用ケーブルってウザイよねぇ。


AFの調整はもうK100Dで色々書いている方が数多くいますが・・・
http://www.focustestchart.com/focus21.pdf
18ページ目を印刷して13ページの設置例を参考に調整。

もしくはこちらの にけさん のページで公開されてらっしゃる
フォーカスチェックソフトを使うと良いかも知れません。
http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_82cc.html
↓画面
http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8ed3.html
↓最新版?
http://nike.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/resdet_9a33.html

素晴らしいソフトですね!にけさんありがとうございます!

menuで詳細のタブの中にAF TESTが加わっているはずなので、
その中のFOCUS CORR(下の奴ね)

後ピンだと+ 方向へ。前ピンだと-方向へ調整。
このほかのメニューについては知りませんw
適当にはいじらない方がいいと思いますよ。

調整後はもう一度電源を切り、
info とAE-Lボタンを押しながら電源を入れる。
3~5秒くらい以内に
menu menu info
を順に押す。

DEBUG MODE EN →DEBUG MODE DIS

で終了です。

さて、皆さんのK100Dsにもジャスピンは来ましたかな?
同様の操作でK10Dの新しいファームの人もいじれそうですが・・・あっちは他にも色々あるようですしw

自分はシグマの 18-50 F2.8とK100Dsボディのみを初めての一眼として買いました。
一度は友人のkissのあまりの軽さに驚き、kiss X2あたりに行こうかと思ったものです。
kiss Fも出ましたけどX2がこの値段ならX2買いますよねぇ?
同じcanon製品で値段競り合ってるところがまた・・・X2のが安い時もあるんですよw

しかし、もうちょっとK100Dsを可愛がってやる事にしました。皆さんのK100Dsも可愛がってやってください!
スポンサーサイト
【2008/06/23 11:29】 | カメラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。